baaburu

<< 2020年8月 >>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

baaburuさんの作品

(Web全体に公開)

2020年
08月17日
23:46

美しい人 名画かな?

連投すみませんっっ

美しいひと。
数ヶ月ぶりに会って、下のふたつのような色鉛筆スケッチを大量にしました。
久しぶりにたわいのない話とかしながら。

翌日、思いを込めて上のアクリル画を一気に仕上げました。

で、この絵は自分では歴史に残る勢いのある名画ではないかと勘違いしているところです。
それがどの程度の無謀さなのか、ご意見をいただきたいと思い、連投となりました。

いかがでしょうか?

追伸
さっきモデル本人に聞いたら、「私にはちょっとなんとも言えない」という評価でした。
今までで1番ショック。
立ち直れないかも。。

タグ : アクリル絵の具、色鉛筆

コメント

2020年
09月15日
23:38

色遣いが大胆ながらも、しっかり女性と分かりますね。
髪の毛とか黒とか茶色で書いてしまいがちなところ、(周りの反射を表現されているのか?)鮮やかできれいだなと思いました。

いわゆる写実的な表現ではないので一般的には好みが分かれるのかもしれませんが、私は良いなと思いました。

2020年
08月29日
12:02

>>10 喜多川春望さん
コメントありがとうございます。

>眼の大きい感じかな?って思いました(◍´◡`◍)
とてもきれいな人なんでしょうね~指でOK

目は、印象が強いですね。ギリシア彫刻か、ミケランジェロのマリア像のような掘りのしっかりしたカタチをしています。ハーフじゃないのに。
そして、きれいなひとです。いつもノーメイクなのに。

>どんな作品にどんな反応をするのか?って人それぞれなので面白いですねウィンク

そーなんでよ。snsでは、いいねボタンされるだけで、ホントなのか義理なのか、どの程度のことなのかまるで分かりません。ネットはそういうものなのかな、と思っていたら、やはりここ「創作庵寺子屋」は違いますね。とても良い場所です♪

>歴史に残る…なんか凄い響きですねあせあせ(飛び散る汗)
作品ってどんな人の目にとまってどんな評価を受けるかなんてわからないから面白いんですよね(◍´◡`◍)

一点だけでも歴史に残るといいな〜 という大きな野望をもっています♪
多くの人に印象に残り、色んな意見が沸いてくる。
そのためには、奇をてらわず媚びることなく真摯に表現した絵 なんてのが描けたらいいな♪

>2,3枚めは随分さっぱりとした印象ですが何かこのときの印象に違いがあったのかな?と勝手ながら想像してしまいました。

2、3枚目はその場で描いた色鉛筆画です。色んな表情を描きたいと必死で枚数を重ねています。
昨年出会ったときは一二週間に一回は出会ってたけど、そんなに頻繁に会ってはいけないのかな、と思ったりして。

2020年
08月29日
11:26

>>9 Ricoさん
ご返信ありがとうございます♪

>誤解のないようにですが、モンドリアンでは無いです。
多分日本人かと思います(今となってはわかりませんが^^;)。
日本の国旗のような感じで丸を四角形に変えて位置をずらした感じでした。有名画家と書きましたが、それも不確かです…ただ東京国立近代美術館に展示したので勝手に有名と思い込んだのかもしれません^^;

んーーーーー、少なくとも現代にまで残っていないものですね。。短命な名画。

>石が全部ダイヤになると…当然価格は暴落、無価値に、ダイヤはただの石になっちゃいますからね^^;、

輸出制限するから大丈夫ですよ♪貿易黒字で大儲けです♪

>まだ美術館になる前かと思います、岡本氏本人が家の中にある未発表(?)のかなりの数のデッサンや作品を見せてくれた時の話です。
岡本氏の等身大のオブジェ(人形)?もありましたが実にリアル、本人そのものでしたね。(友人が誤って頭部を引き抜いてしまったのですが氏は全然怒らず、ただニコニコして見ていただけでした)
氏はまったく穏やかで口数も少なく静かな方でした。

等身大の人形に出会ってきましたよ。とても静かな方でした、って当たり前か♪

>美人ではなく「美しい人」…は単に物語の中のゴラムが常に"...my precioussss(precious)"を「いとしいシト(人)」と字幕では訳されていてそれが頭にあり「美しい人」とダブって…m(。≧Д≦。)mス・スイマセーン

指輪の方でしたか!!
いつも肌身離さずというのは理想的な関係。。。。もうひとつの謎っっ

2020年
08月24日
19:33

眼の大きい感じかな?って思いました(◍´◡`◍)
とてもきれいな人なんでしょうね~指でOK

どんな作品にどんな反応をするのか?って人それぞれなので面白いですねウィンク

歴史に残る…なんか凄い響きですねあせあせ(飛び散る汗)
作品ってどんな人の目にとまってどんな評価を受けるかなんてわからないから面白いんですよね(◍´◡`◍)

2,3枚めは随分さっぱりとした印象ですが何かこのときの印象に違いがあったのかな?と勝手ながら想像してしまいました。

2020年
08月24日
09:30

>>7 baaburuさん
>…モンドリアンでしょうか?

誤解のないようにですが、モンドリアンでは無いです。
多分日本人かと思います(今となってはわかりませんが^^;)。
日本の国旗のような感じで丸を四角形に変えて位置をずらした感じでした。有名画家と書きましたが、それも不確かです…ただ東京国立近代美術館に展示したので勝手に有名と思い込んだのかもしれません^^;

>ここに欲深い男が、、、、謎っ

石が全部ダイヤになると…当然価格は暴落、無価値に、ダイヤはただの石になっちゃいますからね^^;、

>岡本太郎さんのアトリエが美術館になって…

まだ美術館になる前かと思います、岡本氏本人が家の中にある未発表(?)のかなりの数のデッサンや作品を見せてくれた時の話です。
岡本氏の等身大のオブジェ(人形)?もありましたが実にリアル、本人そのものでしたね。(友人が誤って頭部を引き抜いてしまったのですが氏は全然怒らず、ただニコニコして見ていただけでした)
氏はまったく穏やかで口数も少なく静かな方でした。

ついでにゴッホの「ひまわり」も輸送しました。…仲間がですが^^;

最後ですが…
>美人ではなく「美しい人」…は単に物語の中のゴラムが常に"...my precioussss(precious)"を「いとしいシト(人)」と字幕では訳されていてそれが頭にあり「美しい人」とダブって…m(。≧Д≦。)mス・スイマセーン

2020年
08月23日
12:32

>>6 Ricoさん
コメントありがとうございます。

>美人ではなく「美しい人」、なぜか「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」が浮かんでしまいました(わからないと思います)^^;
そこまで言われるならかなりの美女だと推察しますしアクリル画を見るとわかりますね。髪の長い美魔女^^、瞳の奥に優しさを感じます。

「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」の妖精の女王ガラドリエルですね。ちょっと似ているところがありますね。口元とか。
髪の長い美魔女〜 それも近い感じですよ。
モデル本人は、美人とか美しい人とか言われるより「かわいい」と言われたいらしいので、いつも言い直してます♪

>名画とは?…画商が気に入り価値を高めて有名にして高価格で取引される…かなとは思いますが見る人全員がどこに魅力を感じるのか、美しさ、価値(お金)、どうなんでしょう?

さて、高額取引されるのも一例ですね。ただ、間違って紛れ込むバンクシーのような落書きもあり、市場に流通することなく早々に美術館入りしている名画もありますね。

>古い物語です、神様の使いと裕福な貴族の娘との会話…神様の使いが「お嬢さんあなたはそのダイヤモンドの美しさに魅力を感じますか、それとも価値にですか?」「勿論、美しさにですわ」「もっと欲しいですか?」「ええ!」「それではこの国の道端に落ちている全ての石をダイヤに変えてさしあげましょう」「えっ、それは困ります、止めてください」…

「止めないで、すべて僕にくださいっ」
ここに欲深い男が、、、、謎っ

>私には名画はわかりませんが個人個人が「おっ、これ、イイなぁ~」って思う絵を飾りたいですね。

個人宅には、穏やかで落ち着いた絵がいいですね。

>以前、仕事で有名画家の作品を美術館に運んだことがありました、キャンバスに真っ赤な四角形が2つだけとか、私にはわかりませんでした^^;でも岡本太郎さんの自宅に行って見せて貰った絵は、ホントに素晴らしいと感じました。

真っ赤な四角形が2つだけ、とは、モンドリアンでしょうか? 20世紀前半は、絵画史の再構築を成し遂げようと超個性的な表現(過去の影響からの決別)や、逆に没個性を追求する(スーパーリアリズム)などすさまじい取り組みが多くありました。
が、20世紀末から21世紀にかけては、いまいちなのが多いですね。歴史に淘汰されていないだけなのかもしれませんが。。
岡本太郎さんのアトリエが美術館になっているところは今の会社の近くなので行って来ました。
うーん。自分には、意外と太郎さんは作品がひとに媚びてるような感じがして、イマイチかなぁ、と感じてしまいました。彫刻?はかわいいですね。

>ちなみに我が家には昔買った無名の地中海の絵が飾ってあります^^

長く飾ることができる絵は、「名画」のひとつだと思います♪

2020年
08月23日
11:49

>>5 月川拓海さん
コメントありがとうございます。

想いをいっぱい込めてしまってます。
それで、ちょっとモデルさんに引かれることもあったりしてます。

最初、黒髪の印象が強すぎて、どうとらえて描いたらいいのか戸惑っていました。
単に黒、光っているところを描いても、モノトーンにしかならず、美しさを表現出来ないでいました。
描いているうちに青や緑、赤、黄色と多彩な色彩で描くのが相応しくなってきました。

でも、まだまだ不十分。さらなる探求をしていきます♪

2020年
08月23日
10:58

美人ではなく「美しい人」、なぜか「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」が浮かんでしまいました(わからないと思います)^^;
そこまで言われるならかなりの美女だと推察しますしアクリル画を見るとわかりますね。髪の長い美魔女^^、瞳の奥に優しさを感じます。

名画とは?…画商が気に入り価値を高めて有名にして高価格で取引される…かなとは思いますが見る人全員がどこに魅力を感じるのか、美しさ、価値(お金)、どうなんでしょう?

古い物語です、神様の使いと裕福な貴族の娘との会話…神様の使いが「お嬢さんあなたはそのダイヤモンドの美しさに魅力を感じますか、それとも価値にですか?」「勿論、美しさにですわ」「もっと欲しいですか?」「ええ!」「それではこの国の道端に落ちている全ての石をダイヤに変えてさしあげましょう」「えっ、それは困ります、止めてください」…

私には名画はわかりませんが個人個人が「おっ、これ、イイなぁ~」って思う絵を飾りたいですね。

以前、仕事で有名画家の作品を美術館に運んだことがありました、キャンバスに真っ赤な四角形が2つだけとか、私にはわかりませんでした^^;でも岡本太郎さんの自宅に行って見せて貰った絵は、ホントに素晴らしいと感じました。

ちなみに我が家には昔買った無名の地中海の絵が飾ってあります^^

2020年
08月22日
19:53

baaburuさんの想いが詰まった名作ですね!
色使いが新鮮で美しいです。

2020年
08月22日
12:58

>>2 HATENAさん
コメントありがとうございます。

東京とかは暑くてどうかなっちゃいそうですよ〜

>「"私の"名画の定義とは」
歴史に残る名画とは、”投資の対象”で高く売れる絵のこと。
普通の名画は、”一年過ぎてから”見たとき、描いたときの思いがそのまま蘇る絵。

確かに、”投資の対象”は歴史に残り続けますね。
1年前に同じひとを描いた絵、アップしますね。描いたときの思いは一年程度では薄れませんね。
ということは、「普通の名画」か??

>美人の大泥棒が警察の罠にはまり捕まったとき、初老のショーン・コネリーが、サル芝居で美人泥棒を逃がしてしまう。

この映画は知らないのですが、ショーン・コネリーからばこんな感じなんだろうなぁ、という雰囲気を想像してしまいました。

モデルの美しい人が大泥棒で自分が警官だったら、逃がさないで捕まえちゃう方だろうなぁ。。。なんちゃって。

>今度はbaaburuさんに、私が聞きたいな・・・・「それほどの女?」

大変に刺激的で素晴らしい質問ですねっっ

簡単に答えたら勿体ない。

美しい人は、身長189センチ(ちなみにボクは182センチしかない)、かなりの細身でロングヘア、まったく化粧をしていないがカラコンはしてる。独身。まっすぐすぎる出で立ち。
職業ではない写真家で、それがまたもの凄いセンス。かわいい感じじゃなく深遠、普通に撮影してなぜそうなる?という一種芸術的な写真ができてしまうひとなのです。
さらにる情報はまだ謎としておきましょう。

で、答えは?

「重婚が合法ならば、迷わずそうする。」

それほどなんです。

2020年
08月22日
12:02

>>1 MORIニャンさん
コメントありがとうございます。

>とても芸術的な作品だと思います。絵のモデルになってくれる女性がいるっていいですね。

芸術作品とのご評価、大変にうれしいです♪♪
モデルになってくれるのは本当に助かってます。話しながら、ちょいちょいスケッチしてます。

>この作品がもし有名美術館とかに展示してあって有名な作家の作品だと言えば皆んな分かったふりして「お〜素晴らしい〜!」と言いながら見てくれるかもしれませんね。

エコールドパリで活躍した、ジャン・ピエール・バァァブルという画家として展示したら絶賛されるかも??
って、そりゃ誰だ〜〜

>でもなんで皆んな絵画を分かったふりして見るのだろうとか思います。絵画が分からないと言ってしまうと教養がないと思われるのが嫌なのしょうかね。名画 と言われる作品の中にも何が良いのかよくわからない作品やどうしても好きになれない作品も結構あったりします。別に分からない作品なら無理に分かろうとしなくてもいいと思うのですが。

評価済みの中には、間違っている物も紛れたりしますね。過剰評価されちゃった物とか。
ダ・ヴィンチは、それほどのものか?と思ってたりしてます。ゴーギャンも分かりません。
今の自分に分からないだけの物か、評価だけ先行してしまった虚像なのか。
ごくまれに出会う時期が異なるととても良く見れる絵もありますよ。松本峻介、モジリアーニは最近良く感じられるようになりました。逆にピカソがあまり良くもないかな、と思えるようになったり。。かなりの画力ではあるんですけどね。

>絵画も音楽と同じで自分の好きなタイプの作品を見たり描いたりすればそれで良いのかなと思います。

確かに一理あります。理解できない、良いとも思えない物を無理矢理に取り込むことはできないですからね。
出会うタイミング次第ですね♪

たくさんのご意見ありがとうございました!!

2020年
08月21日
12:17

そちらは暑そうですね ;;

「"私の"名画の定義とは」
歴史に残る名画とは、”投資の対象”で高く売れる絵のこと。
普通の名画は、”一年過ぎてから”見たとき、描いたときの思いがそのまま蘇る絵。


 さて・・”美しい人”をじっと見ていると、ある映画(エントラップメント(米1999))のラストシーンが浮かんできました。

美人の大泥棒が警察の罠にはまり捕まったとき、初老のショーン・コネリーが、サル芝居で美人泥棒を逃がしてしまう。
警官達が去ったあと、残ったショーン・コネリーに相棒がポツリと聞く。 「それほどの女か?」・・・と。

 今度はbaaburuさんに、私が聞きたいな・・・・「それほどの女?」

2020年
08月19日
15:29

とても芸術的な作品だと思います。絵のモデルになってくれる女性がいるっていいですね。

>この絵は自分では歴史に残る勢いのある名画ではないかと勘違いしているところです。

この作品がもし有名美術館とかに展示してあって有名な作家の作品だと言えば皆んな分かったふりして「お〜素晴らしい〜!」と言いながら見てくれるかもしれませんね。絵画なんて所詮有名な作家が描いた作品かどうかで価値が決まるような気がします。でもなんで皆んな絵画を分かったふりして見るのだろうとか思います。絵画が分からないと言ってしまうと教養がないと思われるのが嫌なのしょうかね。名画 と言われる作品の中にも何が良いのかよくわからない作品やどうしても好きになれない作品も結構あったりします。別に分からない作品なら無理に分かろうとしなくてもいいと思うのですが。絵画も音楽と同じで自分の好きなタイプの作品を見たり描いたりすればそれで良いのかなと思います。

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: