Rico

<< 2020年3月 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

Ricoさんの作品

(Web全体に公開)

2020年
03月28日
16:34

BACH to the future !

2020オリンピックが延期になったので緊急で描いてみました。普通はベジェ曲線を使うんですが今作はフリーハンドです。しかも色入れなしあせあせ(飛び散る汗)

IOCのバッハ(BACH)会長、英語発音だとバック(backと発音も全く同じ)なので私の好きな映画「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」のパロディ、と言うかパクリ^^;で描いてみました。
車もドイツ繋がりでアウディ、ガルウイング仕様です。
「バック(会長)よ、未来へ!」
あっ、特にバッハ会長を好きというわけでは無いです(逆たらーっ(汗))
(延期時期にはコロナ終息していて欲しいですね)



此処から先はロバート・ゼメッキス監督が何故多くのファの要望があるのに「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」の続編を作らないかの疑問について私なりの感想(考察)を書いてみました。興味のない方はどうかスルーして下さい。

まず初めにこの映画はスピルバーグ氏とゼメッキス監督がタッグを組んだ作品なので是非観たい作品でした。
そして監督はこれを作るに当たり最初から3部作で完結と決めて作ったものだと思います。
続編は無い、作れない、というくらい完璧な作品にする意気込みだったんだと思います。

パート1を観た感想は緻密なプロットと意外と低予算ながらきれいな画像と見事なCGでした。
パート3まで全てにおいて細かな仕掛けがあるのも興味深かったです。

チャック・ベリーのギタースタイル、フリスビーの起原(パート3)、キーアイテムになる木製四輪キックスケーターからハンドルを取った(ローラー)スケートボード(これは事実)等です。

そしてパート1ですが、これはこれだけで完結されてもいいくらいのスッキリとした出来だと思いました…ただしラストの約1分間のシーンが無ければです、それを観た後ではどうしてもパート2を観たくなります。

パート2,3は同時進行で撮影したようでかなり忙しかったようですね。
その後パート2,3を観ましたがこれはもうひとつとして見たほうが良いですよね。
当たり前ですがパート2だけでは残尿感が残るだけです^^;

パート2のラストには"TO BE CONCLUDED"(完結へ)の文字とともにパート3のハイライトシーンを予告のように見せています。
多くの映画では "TO BE CONTINUED"(続く)という文章が普通ですよね、それを「完結」としています。
もう次回作、パート3でオシマイ、「ホントに最後だよ~」っていう意志を表しているように感じさせますよね。

パート3を観終わった当時は続編が観たいと感じましたが最後に大きく"THE END"(オシマイ)って出てるし、
監督のさらに強い意志も伝わって来たような…^^
その後何回か観ているうちにこれはやはり3部作で完璧だなって思えるようになりました。

これで続編に手を出したら「お~ッゼメッキスよ、おまえもか~!」とか^^;
男の沽券に関わりますもんね。
普通ヒットした多くの映画は2匹目のドジョウを狙って続編を作るものですが結構、駄作に終わる場合が多いですよね。

その点この「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」3部作においては、これ以上の続編は「作れない」、「作る必要も無い」ってくらいに完璧なんだよ、という監督の自信の表れなんだと思います。

最後に監督のメッセージとも取れるようなシーンが。
壊れたデロリアン(タイムマシン)の横で戻ってきたドクにジェニファーが未来から持ち帰ったファック紙の「あんたは首よ!」って文字が消えた事を伝えるとドクは「未来はそれと同じで白紙、まっさらなものなんだよ」と。
未来は自分の意志で時間の経過とともに作るって事でしょうか^^

長~い能書きに付き合いくださって… m(_ _)m

タグ : Photoshop BTTF OG2002 BACH

コメント

2020年
04月06日
13:46

>>13 月川拓海さん、コメント有難うございます^^
返事が遅くなってしまい申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)

>「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」は面白い映画でしたね。

脚本がしっかりしてると観ていても安心感さえ感じさせますね、B級とか観てると「えっ、なんでやねん!」みたいについツッコミを入れたくなります^^;

>Ricoさんの「BACH to the future !」も風刺が効いていて、とても面白いです。
文字のデザインも素敵です。

発音が同じだと何にでも使えますね^^
BACH in the U.S.S.R.バッハがロシアに…
Get BACH バッハをゲットしろ… なんてね^^;

>来年の夏までにコロナが終息してくれてたらいいのですが。

多分日本ではなんとかなるんじゃないでしょうか。
問題はアフリカなど途上国ですよね、日本とかが早く収束して援助体制まで持っていけると良いでよね。

2020年
04月06日
13:35

>>12 ノーミンさん、コメント有難うございます^^
返事が遅くなってしまい申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)

>東京オリンピックもゴタゴタつづきでオリンピック自体も来年へ延期ということになってしまいましたね。

私、話題にもよりますが物事をネガティブに考える性格なので、かなり前から中止か延期になるんじゃないかと思ってました、予想は結構外れるんですが今回は的中でした。延期の方向なのでちょっとはホッとしました。

>来年といっても完全な形でできるのかというとまだウイルスの対策ができていないことで実施できるか不透明なところはありますね。

来年までに終息してくれれば良いのですが…
問題はアフリカ大陸とかですね、私の予想では…中止かな?多分外れると思います^^;

>オリンピックは平和の祭典、アスリートファーストと言いながら政治や金に翻弄されていますね。

その部分が殆どでしょうね。その結果コロナ検査等にも影響が出てるんじゃないでしょうか。

>タイムマシンで7年前に戻って2020年の開催地「TOKYO」というのを覆せないでしょうかね。

そうですよね、マリオの仮装して出現した過去を消し去ってもらいたいものです。

>東京でオリンピックをするというのは今更やめられないでしょうね。
オリンピックのシンボルの五輪も今は濃厚接触禁止でばらばらになってる状態ですね。また本来の五輪になればいいですね。

東京2020にはかなりのお金を掛けてますし、延期でも損失は多いようですが中止よりは…ってところでしょうか。

濃厚接触の3つの(密)輪も離れれば感染しなくなりますが車のロゴマークでもVW(フォルクスワーゲン)が上下に分かれたり、アウディロゴの4つのリングも外れちゃいましたね、早く元通りになることを祈りたいです。

2020年
03月30日
23:24

「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」は面白い映画でしたね。
Ricoさんの「BACH to the future !」も風刺が効いていて、とても面白いです。
文字のデザインも素敵です。
来年の夏までにコロナが終息してくれてたらいいのですが。

2020年
03月30日
20:28

東京オリンピックもゴタゴタつづきでオリンピック自体も来年へ延期ということになってしまいましたね。来年といっても完全な形でできるのかというとまだウイルスの対策ができていないことで実施できるか不透明なところはありますね。

オリンピックは平和の祭典、アスリートファーストと言いながら政治や金に翻弄されていますね。

タイムマシンで7年前に戻って2020年の開催地「TOKYO」というのを覆せないでしょうかね。

東京でオリンピックをするというのは今更やめられないでしょうね。
オリンピックのシンボルの五輪も今は濃厚接触禁止でばらばらになってる状態ですね。また本来の五輪になればいいですね。

2020年
03月30日
12:49

>>6 ともさん、コメント有難うございます^^
>フリーハンドでこのクォリティーですか!!
素晴らしいです。

ありがとうございます、ただアウディのグリルのハニカム模様は当然別ですが^^;

>「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」は映画そのもは見てないのですが、色んな特番などで大まかなストーリーを知っている程度なのです(汗)。

面白いですよ、時間がある時に是非!
Amazonプライムでも観られます。

>まさかこのような事態になるなんて今年の年頭では思いもよりませんでしたが、何とか早く収束をして欲しいと思います。

私は去年の暮にもしかしたら中止って思ってました。
延長も果たして…日本だけならまだしも、全世界ですからね、楽観視は出来ませんよね。

そして若者は軽く感じ過ぎじゃないでしょうか。
それこそ「後悔先に立たず」ですね。

>タイムマシンで未来から治療薬を持ってきたいものです!

映画で登場するクリストファー・ロイド演じるドク(科学者)に持ってきて貰いましょうか、それともターミネーターT-800に…爆弾あせあせ(飛び散る汗)

2020年
03月30日
12:32

>>5 喜多川春望さん、コメント有難うございます^^
>タイムスリップを何度も繰り返して面白い映画だったと思います(◍´◡`◍)

終わった場面を別の角度で見られるという設定は面白かったですよね。
当時、素晴らしいと感心しましたが後で纏めようとすると、あれあのドクが今で、現在のマーティがあれで…とか時間のパラドックスに陥ってこんがらがってしまいました^^;

>そしてオリンピックを掛けているところが風刺画のようで面白いですね。バックとバッハ…なるほど同じ発音の掛け合わせでしたか。

最近のN.Y.のニュースでも"We'll be Back"の文字を書いた垂れ幕がビルに出されてる場面を見ましたが、洒落た楽器店が休憩時間を取る時にドアのボードに"I'll be Bach"って掲げるのを目にするそうです。

そう言えば明日はJ.S.バッハさんの誕生日ですねムードショートケーキ

>オリンピックにしても一歩退いて二歩進めば良いと思います。一旦計画が止まってしまったので何とも危うい雰囲気が…

臨機応変ですよね^^
日本としては相当な金額を掛けたわけですし、また世界の拝金主義の頭が寄り集まると纏めるのは難しいんでしょうね、まさに船頭多くして船山に登る…かな^^;

>ターミネータも随分ダラダラとやってしまって続編の難しさも感じます…売れたら続きを作りたくなるのはゲーム業界なんかも同じですね。あ、音楽業界もか

キャメロン監督も続編「2」はCGの技術が完璧になるまでは我慢したそうですね。その後は監督も入れ替わり、私も全作観ましたがつまらない作もありました、最終作でやっとキャメロン製作で完結しましたね。
しかし個人的には「2」で終わりで良かったように思います。

>クリエイターの辛いところなんでしょうけど、次から次へと新しいことを考えられない人は置いてかれちゃいますからね

ですね^^; 漫才やコント、ミュージシャン…つねに考え続けなくてはいけないし、いつも追い詰められる感持ってるんでしょうね、凡人の私には分かりませんがイラストのアイデア考える時に多少は分かる気がします^^;

画像は10年前ASに投稿したものです。

2020年
03月30日
11:45

>>4 MORIニャンさん、コメント有難うございます^^
>オリンピックは開催か中止のどちらかと思っていましたが延期になるというのは今までなかったので前代未聞の出来事のような気がします。

らしいですね、戦争で中止はあったようですが延期は初めてのようです。
相当の金額を掛けて準備したので中止は受け入れがたいでしょうね。
しかし、延期もどうかな~私も是非見てみたいですが来年世界の状況がどうなっているか、まだ終息はして無くて(特にアフリカ大陸とか)最後は中止…でも望みは持ち続けたいですね。

>今地震などが起こって避難所に感染者がいれば感染拡大が広がりえらいことになりそうですね。

そうなれば経済破綻、それこそ世界最後の日になりかねませんよね、ゼロでは無いし…世界各地の文明が過去に滅びたようにこの辺でまたリセットの時期なんでしょうか、マチュピチュ文明は疫病で途絶えたようですね。

>フリーハンドで描いたアウディやバッハ会長も味のあるタッチで素敵ですね。バッハ会長のイラストは一瞬、松井市長かと思ったりしましたが。

そう言われれば似てしまいましたね、日本人が描くと日本的な顔になってしまいますね^^;

>マイケル・J・フォックスがチャック・ベリーのジョニー・B・グッドを演奏するシーンがかっこよかった記憶があります。

この部分、当時「ほう~っ、なるほど」と感心させられました。後年このへんのヒントから漫画「僕はビートルズ」(原作:藤井哲夫 作画:かわぐちかいじ)が出来たのかな、なんて思いました。

2020年
03月30日
11:22

>>3 yakisabaさん、コメント有難うございます^^
>「唯一無二」という言葉が当てはまる作品だと思いました。そう言った作品は他には見当たらないというか、観てみたいという作品には出会ってません。

監督もかなりの拘りで作ったようですね。
当初主人公はM・J・フォックスではなくて別の俳優で撮影、それをどうしても納得できず途中からM・J・フォックスでまた、最初から撮り直したそうです。
その最初の映像も見ましたが、比べたらやはりM・J・フォックスの方が断然良いなと思いました。

でも初めから最初の俳優で上映されていてもそれはそれで全く違和感なく受け入れられる映像でした。
監督の拘りを感じましたね。

>最近は、「絶品」と言いますか、目先の変化のみに囚われた上っ面だけの映画(あえて映画に限定します)ばかりで…

アイデアが浮かばない、とかもあるのでしょうね。
その点日本の漫画家さんのアイデアは結構豊かですね。
だからハリウッドでも漫画の原作を実写化ってのが多いような…

>映画業界の人材不足は深刻だと思います。
こういった状況は映画だけに限りませんが、原因は…

最近は邦画は殆ど見ませんが役者さんとかも若者に人気のアイドルを起用していて、ウケればいいや、みたいな迎合主義作品が多いですしね。

演技も見ていても、こそばゆい感じがします。
俳優もそうですが監督も含めて本格的な勉強とかしてないんだろなって感じがします。
まっ、素人の私が上から目線で言うことではありませんが^^;

2020年
03月30日
10:58

>>2 MITAさん、コメント有難うございます^^
>Ricoさんのバック・トゥ・ザ・ヒューチャーへの強い思い入れが伝わって来ます。

恥ずかしながらホントに好きな映画なんです^^;
何回観ても飽きないんですね、それだけ良くできた映画だと思います。
私は映画を見る時には誰の作品か?で見る時が多いですね。
他にもスピルバーグ、リュック・ベッソン、J・J・エイブラムス、ジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロン、ギレルモ・デル・トロ、リドリー・スコット…あげてみると結構いますね^^;

>私もこの一連の作品は大好きです。いつか未来や過去へ自由に行けたら素晴らしいと思います。

思いは一緒ですね。よく人間が考えたものはいつか実現できる、って言いますがタイムマシンは絶対に作れない、って何かで読みました。

もし出来てたら過去、今現在でもすでに来ていいる、なんてありました。そして来た人が思うように弄って時間のパラドックスに陥りこの世は崩壊!
でも欲しい^^;

>オリンピックは延期になりましたが、これで良かったのではないでしょうか。

私もだいぶ前から実現は無理って思ってました。
主催者も分かっていながら建前では実行としか言いようがなかったのでしょうね。
今日の世界を見たら延期もどうなるか…爆弾

2020年
03月30日
10:55

え〜〜っ!
フリーハンドでこのクォリティーですか!!
素晴らしいです。

「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」は映画そのもは見てないのですが、色んな特番などで大まかなストーリーを知っている程度なのです(汗)。

まさかこのような事態になるなんて今年の年頭では思いもよりませんでしたが、何とか早く収束をして欲しいと思います。

タイムマシンで未来から治療薬を持ってきたいものです!

2020年
03月29日
22:22

タイムスリップを何度も繰り返して面白い映画だったと思います(◍´◡`◍)
そしてオリンピックを掛けているところが風刺画のようで面白いですね。バックとバッハ…なるほど同じ発音の掛け合わせでしたか。指でOK

オリンピックにしても一歩退いて二歩進めば良いと思います。一旦計画が止まってしまったので何とも危うい雰囲気が出ていますが、きっといつまでも続きませんし、始まると決まったらまた考え直せばいいと思うんですウィンク

バック・トゥ・ザ・フューチャーは面白かったですね。きっちり三部作と決めてやったのが良かったんだと思います。ターミネータも随分ダラダラとやってしまって続編の難しさも感じます…売れたら続きを作りたくなるのはゲーム業界なんかも同じですね。あ、音楽業界もか冷や汗

クリエイターの辛いところなんでしょうけど、次から次へと新しいことを考えられない人は置いてかれちゃいますからね泣き顔

2020年
03月29日
14:56

東京オリンピックが延期になったようですね。オリンピックは開催か中止のどちらかと思っていましたが延期になるというのは今までなかったので前代未聞の出来事のような気がします。日本でもオーバーシュートが起きそうな気配ですがもしオーバーシュートが起これば果たして来年の夏までに収束するでしょうかね。東京オリンピックは初めからロゴのエンブレムの盗作疑惑問題とかゴタゴタが続いたりでなんか東京オリンピックは呪われているのではないのか?と思ってしまいす。収束もしていないうちにまた地震などの新たな災害が起こらないか心配です。今地震などが起こって避難所に感染者がいれば感染拡大が広がりえらいことになりそうですね。

作品の方はバック・トゥ・ザ・フューチャーのパロディ作品のようで面白いですね。フリーハンドで描いたアウディやバッハ会長も味のあるタッチで素敵ですね。バッハ会長のイラストは一瞬、松井市長かと思ったりしましたが。バック・トゥ・ザ・フューチャーは昔3作とも見ましたがうろ覚えなのでもう一度しっかり見てみたいなと思います。マイケル・J・フォックスがチャック・ベリーのジョニー・B・グッドを演奏するシーンがかっこよかった記憶があります。80年代はいい映画がたくさんありましたね。

2020年
03月29日
13:54

 観ました、3作とも。(^^♪
「唯一無二」という言葉が当てはまる作品だと思いました。そう言った作品は他には見当たらないというか、観てみたいという作品には出会ってません。最近は、「絶品」と言いますか、目先の変化のみに囚われた上っ面だけの映画(あえて映画に限定します)ばかりで、ちょこちょこっと弄っただけで「唯一無二」とは程遠い「限定作品」的なその場しのぎの薄っぺらい映画ばかりが目立っています。映画業界の人材不足は深刻だと思います。
こういった状況は映画だけに限りませんが、原因は人間が豊かになりすぎたからかなぁ。^^;

2020年
03月28日
20:51

こんばんは。面白いパロディ作品ですね。Ricoさんのバック・トゥ・ザ・ヒューチャーへの強い思い入れが伝わって来ます。私もこの一連の作品は大好きです。いつか未来や過去へ自由に行けたら素晴らしいと思います。オリンピックは延期になりましたが、これで良かったのではないでしょうか。

2020年
03月28日
16:49

今、投稿終わって試しにBACH to the futureでググったらオリヴィエ・ラトリーというミュージシャンが同じ題名のアルバムを出しているんですね、ホントに知りませんでした^^; ただ向こうは、バロック音楽で有名なかのヨハン・S・バッハさんのようでした。

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: