baaburuさんの作品

(Web全体に公開)

2019年
03月24日
14:16

電脳世界に戻れない竜くん。。

CGが全く手か付かず進まない。。
石粉粘土で竜くん。彩色はこれからです♪

タグ : 石粉粘土のニューファンド

コメント

2019年
05月20日
20:41

>>9 しおんさん
コメントありがとうございます!
出てきて、今は彩色途中な竜くんです。
色もCGとは異なる解釈というか、質感などを追求してて、、、、
休み休み作業中なのです。
と言うことで、ますます電脳世界から離れていってるのです。。

2019年
05月18日
23:14

立体的な造形や雰囲気が、電脳世界からそのまま飛び出してきたように思えます。歯や靴紐など細かい所もちゃんとできているのがすごいです。飛び出してきちゃったからCGに戻れないのかも?ひよこ

2019年
04月01日
20:37

>>7 Ricoさん
コメントありがとうございます♪
ズボンは表面にガーゼを練り込んでみました。
布をあてるというのも良さそうですね。上着とかそうすれば良かった。。
竜くんの肌を何かあてて凹凸を作りたかったのですが、
その何かが思いつきませんでした。
手に持つスコップ!
うむむ、何だかそう見えてきた!

2019年
03月31日
11:50

なかなか味があって良いですね^^
オーバーオールもテクスチャー仕上げで細かいですね。
布を押し当てたのでしょうか?
色付後も見てみたいですね。
雪国に住んでるせいか、手に持っているのが雪掻きスコップに見えます、いや絶対にそうだ^^;

2019年
03月28日
21:39

>>3 MORIニャンさん
コメントありがとうございます♪
そうそう、今回はホントは追う凸無く、表面をツルツルに仕上げようと努力をしていたんですよ!
ヤスリでならしたり、細くは、筆を使って粘土を盛ったり。なかなかツルリとした仕上がりにはなりませんでした。
使用している「ニューファンド」という石粉粘土は、きめ細かく硬質な仕上がりになるタイプデすが、それでも脆さはあるので。。
ダイソーの樹脂粘土!持ってたのですが数日前に捨ててしまいました。あれは、ちょこちょこ盛ったり削ったりということが困難だったので。。
でも、今思いつきました。ここまで石粉粘土で作った上に、仕上げの表皮として樹脂粘土を使うと、ツルツル仕上げになりますね。。

次の課題としましょう♪

2019年
03月28日
21:26

>>2 喜多川春望さん
コメントありがとうございます♪
ズボンには、ガーゼを練り込んでみました。
質感を彩色だけでなく、粘土の表面とは異なる感じにしたくて。
ホントは竜くんの肌も凹凸を作りたかったのですが、なかなかいいアイデアが浮かばなく、次回の課題としました。
ヒゲはハリガネのままです。。くねくね動いちゃいます。
形状は、今回はここまでとしちゃいました。彩色すると、違和感が出てくるかもしれませんが、それも次回の課題に。
全部のキャラ、また乗り物とかも作ろうかな〜なんて思い実行していくと、もう二度と電脳世界に戻れなくなったりして。。。

謎っ

2019年
03月28日
21:19

>>1 月川拓海さん
コメントありがとうございます♪
3Dプリンタはそこそこ巷に実用化が進んでるみたいですね。歯医者さんにもありました。
一点ものを依頼して出力する会社もあったりして。
でも、すでに3Dデータがあって、全く同じものが現実化する3Dプリンタも面白そうですが、あえて粘土細工するのも楽しいですよ♪
彩色に、なんとなくイメージはあるのですが、ゆっくり仕上げていきま〜す!

2019年
03月25日
13:57

少し凸凹していますが良い出来だと思います。特に歯や口周りの出来が素晴らしいと思います。うまい!手(チョキ)
石粉粘土って使いやすいでしょうか❓ダイソーなどでも売っている手芸用の樹脂粘土は手につきにくく綺麗に作れますよ。色も色々あるので塗装の手間も省けて良いと思います。ただ粘土の量が少ないのが難点ですが。

2019年
03月24日
20:33

よく見るとズボンにちゃんと模様が入っていますね。ひげは針金細工でしょうか?手のこんだ作り方をされているんですね。

彩色は形状が落ち着いてからかと思いますが、楽しみですね。
これまでの登場人物全部作っているのかもしれませんね。
並べてみると楽しいのではないかともいます(◍´◡`◍)

2019年
03月24日
15:33

3D プリンターを使わずに、ここまで造形できるのはすごいですね。
彩色すると、3D プリンターにはない手作りの味わいがもっと出てくると思うので、早く見たいです。

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: