月川拓海

<< 2018年6月 >>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月川拓海さんの作品

(Web全体に公開)

2018年
06月28日
22:49

Old Japanese Red-light district


昔の日本のある遊郭を訪れた侍の体験をiClone 7で作ってみました。

使わせていただいたアイテム
1. Mei Lin 6 Geisha Bundle(https://www.daz3d.com/mei-lin-6-geisha-bundle
2. Immortal Ronin(https://www.daz3d.com/immortal-ronin
3. Kimotana(https://www.daz3d.com/kimotana
4. Japanese Corridor and Bedrooms Environment(https://www.daz3d.com/japanese-corridor-and-bedrooms-envi...
5. Tsurekomi(https://www.renderosity.com/mod/bcs/tsurekomi/90655/
6. サウンド 甘茶の音楽工房さん(http://amachamusic.chagasi.com/)の「ヴァンパイアの目覚め」
7. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra

タグ : Japanese Red-light district Mei Lin Tsurekomi CyberLink PowerDirector 16 Ultra

コメント

2018年
07月03日
19:38

>>11 Ricoさん

そうなんですよ。
遊郭では無くてお化け屋敷だったのです(*^_^*)

2018年
07月03日
16:04

な~るほど、この怪しいBGMはラストへの布石だったのですね。
遊郭では無くてお化け屋敷げっそり
この女性は轆轤首みたいですね^^;
若い頃吉原に行きましたがこんな女性に合わなくて良かったです^^;

2018年
07月01日
16:13

コメントありがとうございます。

>>9 k-kohさん

障子は、初めは不透明ですが、徐々に半透明になるようにセットしました。
iCloneでは、こういう設定や行燈などを光らせたり、モーションを入れたりするのが、クリック一つでできるので助かります。


>>8 喜多川春望さん

そうですね。
この遊郭は恐ろしい所のようです。

2018年
07月01日
14:52

それぞれの素材は有ったとしても、独自の感性でこれだけの作品を作り上げられるのはさすがだと思います!
障子の斬新な色合いと半透明なのがお気に入りです。(^_^)

2018年
07月01日
08:09

音楽の選択がオチで理解できるようになっていたんですね。
おどろおどろしいので、なにかあるんだろうなと身構えて見てましたあせあせ(飛び散る汗)
楽しみについていった男性もさぞ肝を冷やしたことでしょうねげっそり

この遊郭は普通に遊べるところとは違う…ということでしょうね。

2018年
06月30日
21:57

コメントありがとうございます。
大変面白い落ちを御提供いただき、ありがとうございます。
いつかその線でつくってみたいと思います(^∀^;)

2018年
06月30日
21:52

遊郭はいろんな意味でジャパニーズワンダーランドですね。
衣装や内装などよくできていますね。またカメラワークなどもよく工夫されているとおもいます。

最後は悲劇で終わるそうですが、こんなのはどうですか?
『侍が目を覚ますと原っぱでふんどし一丁で寝ていた。遠くでキツネがこちらを見ていた。』という まんが日本昔話のような落ちをつけるとかいかがでしょうか。ウィンク

2018年
06月30日
15:13

>>4 MORIニャンさん

コメントありがとうございます。
私は昔の遊郭も今のキャバクラも行ったことはないのですが、テレビの時代劇で見る限りは、昔の遊郭は室内装飾が美しいので、心惹かれます。遊女の衣装も綺麗ですね。
でも、そういうところへウカウカ行くと危ないのではないかという老婆心?を動画にしてみました。

2018年
06月30日
09:42

おはようございます。晴れ江戸時代のことはあまりよく知らないのですが遊郭って現代のキャバクラのようなところでしょうか❓いつの時代も男は女遊び好きなものですね。アニメーションもとてもよくできていますね。踊ってる女性もとても上手くできいると思います。手(チョキ)不気味な音楽もこの動画によくあっていますね。特に最後のシーンはトラウマになりそうです。げっそり女遊びなどはしない方が無難ということでしょうか。冷や汗

2018年
06月29日
19:22

コメントありがとうございます。

>>2 ともさん

お侍さんには悲劇が待っているのですが、敢えてそこは動画にしませんでした。
と言いますか、動画にするのが難しかったのです (^_^;)


>>1 MITAさん

時代劇で見るような豪華な遊郭を目指しましたが、光らせすぎたかもしれません。

2018年
06月29日
11:45

艶っぽい遊郭とはちょっと不釣り合いなおどろおどろしいBGMの訳が最後まで見てわかりました!
いや〜〜 この後のお侍さんの運命やいかに!!
とは言えお女郎さんの衣装の見事さには感嘆するばかりです。
優雅に歩くときの着物のまとわりつき方など素晴らしいです。
個人的にはエロっぽい衣装で踊っていたお女郎さんが気に入っています。
で! この怪しげな遊郭の正体は果たして?
ぜひ続きを!!!!

2018年
06月29日
08:40

お早うございます。不思議な世界観の作品ですね。各キャラクターのコスチュームやアクションも素晴らしいと思います。カラフルな障子や浮世絵の屏風などもとてもユニークですね。音楽も不気味な感じが面白いです。

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: