ノーミン

<< 2018年5月 >>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ノーミンさんの作品

(Web全体に公開)

2018年
05月16日
21:27

CB1100R

初投稿になります。これからもよろしくお願いします。
作品は80年代のバイクホンダCB1100Rです。
当時ホンダが、市販車を改造した耐久レースに出るためにCB750Fの輸出仕様のCB900Fをさらに1100㏄までパワーアップし市販した、元祖市販モンスターバイクです。
しかし30年もたった現在のモンスターたちと比べれば性能の違いはしかたないですね。

コメント

2018年
05月23日
21:08

ご指摘のあったところを少し修正しました。

2018年
05月19日
22:06

>>16 喜多川春望さん
コメントいただいてありがとうございます。
ご指摘いただいた所は気になってはいたところなんですけどね。タンクのエッジやカウルのあごの部分など本当はもう少し丸みを帯びているんですけど。あとライト周りなど、どうしようかと思いながらそのままになっています。ご指摘いただいた所は今後の課題ということで。・・・冷や汗

この1100Rは最初からアンダーカウルを外した状態のものを作ろうと思いCB750Fを先に作ってそこからエンジンを流用しています。アッパーカウルだけでもそんなに違和感を感じない形をしているとおもいます。
エンジンを作るのにかなり時間がかかるので、フルカウルのほうが簡単なんですけどね。うまい!

2018年
05月19日
21:28

>>15 月川拓海さん
コメント、おほめいただきありがとうございます。
質感とかライティングなどもっと煮詰めなければならない課題が多いのですけどね。あとバックなんかもあっさりめなんでもう少し考えなければならないです。考えてる顔

2018年
05月19日
19:35

サイトへのご参加ありがとうございます(◍´◡`◍)
ホンダらしくトリコロールカラーが映えますね指でOK

私のバイク歴ではCB400SFからスタートしているので、大型バイクは憧れでした揺れるハート

全体的に良く出来ていると思います(◍´◡`◍)
このバイクもおんなじなのかな?と思いましたがアンダーカウルを外していますね。GPZ900Rを所収していましたが、やはり夏場にはオーバーヒート気味になってしまうため、風通しを良くするのにアンダーカウルを外してしまう方が多かったです。

その分エンジンむき出しになるのでちゃんとモデリングしないといけないので更に大変だったのではないかとも思いますあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと気になるのが、光沢が出にくい形状をしていると思いました。全体的にエッジが出ているように思います。特に燃料タンクの凹みがかなり鋭く感じますね。

この辺りのエッジをもう少し丸くさせると自然と光が入り込んできて光沢表現が強くなると思います。

もう一つ、サイドスタンドを立てている割には車体が起き上がりすぎている気がします。多分サイドスタンドを立てた場合はもっと車体が寝転がる気がしました。(作品の場合だとセンタースタンドで立ち上がっているように感じました)

バイクが好きなのでちょっとマニアックな見方をしてしまいましたが、少しでも良い感じになればと思い、やや辛口なコメントになってしまいました。

こちらのサイトでは良いところは良いと言ってますが、こうしたら良くなるのではないか?みたいな事も言ったりしますので、ご理解をいただけましたらと思います。

2018年
05月19日
14:11

実写のバイクかと思いました。
リアルですね。

2018年
05月18日
20:52

>>12 Ricoさん
コメント、おほめいただきありがとうございます。
雨宮チューンのロータリーは聞いたことがあります。

昔友人のルーチェ ロータリーターボを運転したことがありますが、ノーマルで重い車体なのにものすごく加速がよかったように記憶しています。
チューンしてあればものすごく走ったでしょうね。目がハート

2018年
05月18日
20:32

>>11 k-kohさん
コメントありがとうございます。
このバイクは「キリン」というバイクマンガに出てくるんですけどそこから興味を持ちました。

本当はフルカウルでアンダーカウルもついているんですど、集合管を付けているので外してあるという設定です。
このバイクを開発された方は、あまりに値段がたかすぎて買えなかったと本に書かれてました。

2018年
05月18日
12:24

良く出来ていますね、細かな所まで丁寧に作り込んでいてリアルです。
以前はMaxで750でしたからね、1,000を超えたのが出てきた時は驚きでしたとね。
ちなみに私、先輩の雨宮さん(知ってる人いるかな?)に改造してもらったローターリー車に乗ってました^^

2018年
05月18日
08:10

バイクのことは詳しくないのでよくわかりませんが、80年代にこんなかっこいいバイクが出来ていたのですね。(^_^)
昔、「プロジェクトX」で本田のバイク開発をやっていたのを思い出しました。
現在にこういうふうにステキな3DCGが作られているとは、開発された方も思わないでしょうねー。

2018年
05月17日
22:34

>>8 mm29さん
コメントいただきありがとうございます。
そうですね。性能もすごかったらしいですけど、値段もすごかったらしいですね。当時200万とも250万ともしたそうです。げっそり
ちなみに添付した2台はバリ伝仕様にしてあります。

2018年
05月17日
22:18

>>4 ともさん
コメント、おほめいただきありがとうございます。
インターネットでパーツごとの写真なんかもみつけることができ形を把握するのにべんりですね。
時々写真が見つからず適当につくた時に後から出てきて泣く泣く作り直したことがあります。泣き顔
技術がない分根気とごちゃごちゃさせたらごまかせるのではないかと思ってつくっていますうれしい顔

2018年
05月17日
21:59

こんばんわ。
何だか聞いたことあるなーと思っていましたら、5つ目のコメントに添付された単車2台見て「!」が付きました。
バリ伝のグンとヒデヨシ。峠バトルが懐かしいです。
なるほど、CB1100Rというのはこの単車のすげーやつですね!

2018年
05月17日
21:51

>>3 MORIニャンさん
コメント、おほめいただきありがとうございます。
シャッターの影の所御指摘いただきありがとうございます。

ライトの両側にエアインテークがあるのですが自由曲線でうまく穴があけれなくてとりあえず完成させるためにブーリアンで穴をあけたんですけど全然きがつきませんでした。
またこれからの課題ということで...ほっとした顔

他にもまだいろいろと課題はありますがまたご指導していただければと思いますうまい!

2018年
05月17日
21:23

>>2 Lucyさん
コメント、おほめいただきありがとうございます。

空冷エンジンは作るのに時間がかかるわりには見える部分が少ないので残念ですが見えそうなところはついつい作ってしまいます。
放熱フィンは空冷エンジンの美しさと思っているんですけど、さすがにエンジン作るのに3か月もかかるとしんどくなってきます。もうやだ~(悲しい顔)

2018年
05月17日
21:04

>>1 MITAさん
コメント、おほめいただきありがとうございます。
お知り合いの方が乗っておられたとはうらやましい。

私はコレの実物を見たことがないのでネットなどで資料を集めてつくりました。コレの前に作ったCB750Fからエンジンなどは流用して、タンク、カウル、足回りなんかを作り直しています。
エンジンは基本同じなんですが排気量の差で少し高さが違うみたいですがそこは目をつぶってしまいました。>>2 Lucyさん
>>2 Lucyさん

2018年
05月17日
11:35

素敵ですね!
バイクの細かなパーツも丁寧に再現されていて見とれます。
エンジンの冷却用フィン、ホイール、チェーン、サスペンション、等々これでもかと言うばかりに緻密な制作を要求されていますがそれらを見事に仕上げられていて素晴らしいです!!
線路を走らない車両の制作は綺麗な曲面の再現の難しさについ二の足を踏んでしまっています(恥 汗)。
いや〜 素敵な作品を拝見できて感激です。

2018年
05月17日
08:51

ノーミンさんお久しぶりですこちらのサイトにもお越し頂きありがとうございます。うまい!

今回のバイクもカッコイイですね!細かいところまでとても精密に作られていると思います。手(チョキ)
私もバイク何台か作りましたがエンジン部分などとても部品点数が多く、多くの制作時間を費やしました。モデリングはばっちりですね。うまい!手(チョキ)ライトの溝はブーリアンレンダリングでしょうかシャッターに若干影が残っているように感じました。こういうところはレタッチで消しておくといいと思います。ほっとした顔

2018年
05月16日
23:54

こんばんは。
1100R 憧れのバイクですね、、かっこいい!!
空冷エンジンはモデリングが大変そうですが丁寧なつくりが素晴らしいです。

2018年
05月16日
22:42

こんばんは。始めまして。ホンダCB1100R懐かしいですね。先輩が乗っていました。タイヤやチェーンやスクリーンなども、とても良くできていますね。素晴らしい作品だと思います。

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: