yakisabaさんの作品

(Web全体に公開)

2018年
01月14日
16:59

3Delightが使えた。♪

 何故か DAZのレンダリングで「3Delight」が使えた。♪
 今までレンダリングの途中でDAZが終了してばかりだったのに
 何があったのか。PCの最後のメッセージか? 今のうちに
データーを外付けHDに移動させておいたほうが良さそうだな。
何とか次のPC手に入れるまで持ちこたえてくれますよう・・・。

タグ : DAZ,G8F,Photoshop

コメント

前を表示

2番~21番を表示

2018年
02月17日
16:13

>>20 しおんさん
 返事が遅くなってすみません。
 モーフを弄ってもG8Fだとあまり可愛くならないんですよね。今のところはG3F限定で自分好みにして遊んでます。
  「3Delight」については、照明とかを最小限に抑えて
やっと使えている状況で、ちょっと凝ったことをするとアウトになってしまいます。辛い!!

2018年
02月12日
12:30

こんにちは!
私も DAZ を触ったことがありましたが…
何ができるソフトかも理解できずに放置したような^^;
今は奇跡的に Blender に馴染むことができたのでラッキーでした。

>「3Delight」
実現出来ておめでとうございます。
PCがやっとやる気を出してくれたのかも?
新しい事ができると、うれしくなって色々な人に見せたくなりますよね!

> モーフ
オリジナルと全く違う可愛い顔にできるのですね。
色々な顔を作れてなにかと参考になりそうです。
お手軽なのも楽しそう。

2018年
01月21日
17:58

>>15 喜多川春望さん
 コメントありがとうございます。
 私自信がDAZを理解できていないところが一番の問題点でありますからこういったご意見が出るのは当然だと思ってます。 
それなりに勉強しながらDAZと付き合ってるつもりなのに判らないことが殆どですから、作品作りにもその影は現れてしまいます。
今のところはDAZが一番のお気に入りなので使ってますが、また別の扱いやすいソフトが出ればそちらのほうにコロンと寝返るかも。
 4種類あるレンダリングエンジンしてもPCがフリーズするから限定されてしまうことのほうが多かったので未知の領域がまだまだあります。
2Dを描く時のような自由さを何時になったら感じられるようになるんだろうな。^^;

2018年
01月21日
17:26

>>14 baaburuさん
 コメントありがとうございます。
  baaburuさんのモデリング力と言い、発想力とか 憧れますよ。
 私のような力のない者はついついPCのせいにしがちで
PCさえ良ければ~~と逃げてしまいます。
今でこそ外付けHDを無理やりくっつけてますが、昔の作品ってあんまり見たいとは思わなくなりました。(笑
 見れば見るほど進歩が無いっていうのが見え見え!!
仕方ない、これもPCのせいにしてしまおう。(笑

2018年
01月21日
16:51

>>13 MORIニャンさん
 コメントありがとうございます。
 正直言ってDAZが何たるかは殆ど把握出来てません。^^;
英語だけのソフトなんで判るわけがない。(笑  
  早い話がネット検索でDAZの解説を参考に感を頼りに作品を作る(弄る)だけの状況です。
 レンダリングについても詳しい特徴を把握してる訳でもなく結果が荒いか細やかかくらいの違い(影が出せるかどうか)だけで比べてます。 今回は最近のPCの状態で細やかなレンダリング(3Delight)が出来なかったのがなぜか出来たのでうれしさと逆のPCの終末期という怖さを書きたかっただけで 詳細など書くほどの作品でないのは承知の上だったんですが、軽く考えてたのがいけなかったんですな。^^;   DAZのレンダリングの画面も参考に追加したんですが役に立たなかったようです。
 この際 今まで一切やらなかったブログでも
やるかな。う~~ん面倒くさいか。(笑

2018年
01月21日
16:22

>>12 つるが舞さん
 コメントありがとうございました。
 私の基本的な考え方は、自分では手が届かないものでもとりあえず真似をしたいという事です。 
ただそれに近づこうとしても個人的に技術に無理があってモタモタしてしまう。そんなときに現れた手軽に一人前の作品のきっかけが作れるDAZやPoserのキャラクターは重宝しましたよ。その気楽な環境にはまってしまうとそこからは抜け出せなくなってしまうのは判ってるんですけれどね。^^;
 Artist sideで Anera さんの作品を見たときに「あ~
こんな風にも出来るんだ♪」、正直、憧れましたよ。
それからですねお手軽「DAZ」にベッタリになったのは。
(その頃、有料のPOSERにまで手が届きませんでしたが今、Poser8は何とか手に入れてます。)
鉛筆一本あれば描ける2Dの世界と違って3Dの世界はひと癖もふた癖もあって私なんぞの手におえない物なんでしょうね。(笑 でもそこが止められない魅力!!か。
 〈上の絵は2000年頃のSHADE作品一部)ここらが限界?

2018年
01月21日
12:23

皆さんのご意見を見ながらコメントさせていただきたく思います。

ひまわりさんの作品でも「BlenderのFREESTYLEとはなんぞや?」というのでコメント内に補足を入れさせていただきましたが、ソフト固有の機能とかだと結構分かりづらい所があるんですよね。そこが見ている方にとって「どういう意味だろう?」となっているようです。

yakisabaさんとしては「DAZ studioのレンダリングシステムが可動したので投稿しました!」という事だと思います。

私としてはそれはそれで良いと思いますが、何かしら解説があったほうが良かったのかもしれません。私も題名を見てもなんだろう?と思いましたので…

わかれば補足できるのですが、これに関しては私もなんだろう?状態なのでyakisabaさんのコメントを見ながら勉強させていただいています。

皆さんちょっとコメントに苦労されているようですので、コメントをし易い環境みたいのがあると良いかと思います。こんな構図で作ってみたこと、或いは影が出てくるのが嬉しいとか、なんでも良いかと思います。

市販品データの場合何をどうしたのかが分かるようになっていると良いなぁと思います。私もMORIニャンさんと同じで市販品が駄目ということではなく、そのデータを使って何を表現しようとしたのか?が分かりやすいとコメントもし易いと思います。

小難しいことばかり書いてしまってすいません。どうか気を悪くされずに見ていただけたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2018年
01月18日
21:58

バックアップは常に必要ですっっ
BeforeとAfterでは完全に別人ですね。これは元データをベースに編曲者という位置付けでしょう。
いや、曲者という意味じゃなく。。。

2018年
01月17日
10:46

おはようございます。晴れ私はDAZやPoserを使った作品がいけないと言っているわけではないですね。何も自作でモデルを作るだけがCG作品でないと思っています。
構図やシチュエーションに拘って素晴しい作品を作っている方もたくさんいらっしゃると思いますが単にデータを買って並べただけの作品や画面の真ん中に人物を置いただけの作品も結構あるので作者が何を表現したいのかどこを見てほしいのか分からない作品も結構多いと思います。自作でモデルを作らないのであればそういう構図やシチュエーションなどにもっと拘って作品として成り立つ作品を作ってほしいと思います。うまい!手(チョキ)
それから作品に付けるコメントはどういう意図で作品を作ろうとしているのかや苦労した点や元のデータのどこを弄ったのかなどを書いていただけた方がいいですね。いきなり3Delightが使えたなどと書かれた投稿をされてもDAZを使っていない人には理解不能になってコメントに困ってしまうと思います。そういうのはDAZのコミニュティにでも投稿した方がいいのかもしれませんね。私もよく分からないのですが3Delightってグローバルイルミネーションの設定をしないと使えない機能とかではないのでしょうか?。うれしい顔

2018年
01月16日
22:17

>>11 yakisabaさん

こんばんは~。

私は「模倣こそが上達の道のり」と思いますデスよ。

着せ替え人形だとしても、パーツの組み合わせの妙、パラメータのいじり具合、レンダリング画像のコンポジットによる最終色調補正などで、個性は出せるかなと思います。
特に海外のPoser作品で気合いの入ったのを見ると、オリジナルかそうでないかを忘れて舌を巻くことが多いです。

また日本ではこのサイトの前身であった「artist side」にて、DAZやVueを使ったレンダリングによる名作を多く見かけました。
それらは素材が何を使ってるかということよりも、カメラアングルとポーズ、小道具の絶妙な使い方、それらの構図からあふれる臨場感が凄かったものです。

要は3Dソフトも道具ですから、使い方次第です。
いきなり個性を出すことよりも、まずは好きな映画のワンシーンを再現してみるとかでもいいと思います。模倣でも繰り返されれば経験値を得て、いつの間にか個性を育てる結果にもつながっていくと思いますし。

あきらめるのは、まだ早いです。何が言いたいかと言いますと、「元気出してくださいね」ということでした。
乱文長文にて失礼いたしました!

2018年
01月16日
18:37

>>9 Lucyさん
 確かに、そうなんですね。
 大体、先生レベルの方たちと生徒が同じ土俵にいるっ てこと自体、無理があるんでしょう。
 着せ替え人形はどこまで行っても着せ替え人形でしか
 ないわけで、そこでどんな個性を表すかでしか 結果 が見えてこないのです。
 若い方たちならまだしも 私のような年配者には時間
 ありませんし。(笑
 
>>10 Ricoさん
 コメントありがとうございます。
 最初にCGをやりたいと思ったきっかけは、「くつぎけ んいち」さんのCG作品を観たからで、無理やりIMACを
 買って参考書を買って・・・・。
 Shade3で始めた頃は頑張れたんですが,見てるまに
 周りのレベルがどんどん上がっていき付いていけなく なりました。 それからはソフトとの戦いに明け暮れ て 未だに結果は出ず終い。^^;

2018年
01月16日
10:45

MORIにゃんさんやLucyさんのコメントを読んでオリジナルの顔とどれだけ違うのかな?なんてちょっと気になりだしました。

随分昔POSER4でほんのすこし遊んだ事がありましたが、その名の通り当時はポーズを付けるくらいしか出来ませんでした。
(もしかしたら私が知らなかっただけかも^^;)

今は顔の表情とかも変えられるんですよね、進歩ですね^^
確かに3Dで一から作るのは時間もかかり大変そうですね。
ねこさんやMORIにゃんさんはオリジナルで作っていてきちんとキャラが出来上がっていて誰が見てみても彼らの作品と分かりますからね、そして可愛いし綺麗^^

でもオリジナルのものを背景に配置、光源とか使って自分好みのポーズを付けリアルに作っていくのもそれはそれで楽しいかなって思います、そう言う試行錯誤する時間って楽しいものですよね、自分の身についていくし。

その気力が羨ましいです、欲しいです^^;

(この子、ニプルが見えるような気がしますがげっそり)

2018年
01月15日
20:13

>>8 yakisabaさん
こんばんは。
わたしもMORIニャンさんと意見が重複するのですが、
私の場合も、モデリング技術や質感設定意に関心が向くため既製品を使用した作品のコメントに窮する場合があります。
ただ既製品を上手に活用した作品に関しては出来映えが良ければ作品としてアリだと考えています、誤解を恐れず言えばモデリングなんか出来なくても作品が魅力的ならばいいんですよ(ただその場合オリジナルの引用表記は徹底していただきたいです)
一部例外の方はいらっしゃいますが(ネットではすばらしいposer作品を多々みかけます)概ねDAZやposerのようなデジタルフィギュア作品は画像の出来映えが全体に光のまわり込んだ平板な出来になっていて同じようは印象になるのは何故なのでしょうか?
レンダリング設定の融通が利かずどれも同じような結果になってしまうのでしょうか?
どうにも作家性が出ず誰が作っても同じ的印象があります。

2018年
01月15日
17:15

>>4 MORIニャンさん
 コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。^^: モデリング自体出来ない私にとってDAZは着せ替え人形と同じです。99パーセントを既製品に頼って作ってます。 オリジナルといえばポーズと表情ってところでしょうか。^^:  「SHADE」を使い始めた頃は、単純なモデリングは出来てたんですが進歩しませんでした。 ここしばらく3D作品が続いてるのはDAZの不具合との戦いです。(笑
  それなりのモデルがあるとあんな風にしてみたいとかいろんな絵が浮かんでくるのでついついモデリングで苦労しなくて済むDAZやPOSERに頼ってしまうんです。
 モデリングされてる方からすれば邪道としか言えないんでしょうがね。 早く結果(絵)を見てみたいという心理が働いてしまうもんで。^^;

2018年
01月15日
16:43

>>3 MITAさん
 コメントありがとうございます。
DAZの画面の通り レンダリングエンジンが4種類あるんですが、今回3つ目の「3Delight」が機能してくれたんです。
初めてDAZを使ったときは機能してたんですが途中でPCの
不具合とかが重なっていつの間にか1つ目の「BASIC」のみに
なってしまってました。 システムの関係でバージョンアップも出来ないままでいたんですが、何故か機能し始めてくれまして喜びと不安にさいなまれております。^^; とにかく影の表現が出来るのがうれしい。♪

2018年
01月15日
16:26

>>2 月川拓海さん
 コメントありがとうございます。
「TOUFUSAN」の日本人モーフというかロリータモーフといいますか、とにかくアクの強いDAZキャラをスッキリさせてくれる才能は流石です。 当分「ロザリー」キャラは大事にしていきたいです。♪

2018年
01月15日
16:11

>>1 つるが舞さん
コメントありがとうございます。
 昨年後半からDAZの不具合が発生、起動するものの常にエラー表示が表れて、それでも無理やり使ってたんですが(原因が判らないから)、先週になってDAZの動きに変化が出て、今まで使えていなかった機能が使えるようになったんです。
今使ってるシステム(VISTA)のせいだと諦めてたのが~♪
  何も手立てしてなかったのに・・・そう思うと一抹の不安が頭をよぎってしまいまして~。^^;
  まあ、最悪の事態にならないことを願うのみです。^^;

2018年
01月15日
14:20

私はDAZを使わないので「3Delight」のことはよく分かりませんが使えたのならいいことのような気がしますが。

それから既製品の人体モデルのデータを弄って仕上げるDAZの作品って本人がどこまで作られたかよく分からないのでどこの部分を褒めていいのか困ることがあります。単に「可愛いですね」や「上手いですね」というようなコメントはこの際やめておこうと思います。DAZのことをよく知らない人は全て自分で作っていると思ってしまいますし、自分で作られた部分や苦労された部分などを書いていただけるとコメントしやすいのですが。

2018年
01月15日
01:54

こんばんは。可愛いお嬢さんですね。表情や衣服のシワなどもいい感じです。
「何故か DAZのレンダリングで「3Delight」が使えた。」の意味が私には理解できませんが。使えて何よりです。私はデータを定期的に外付けHDDにコピーしております。Strataの最新バージョンは私のMacProには対応しておらず、iMac Proは高価だし、IllustratorCS6とPhtoshopCS6はiMac Proでは使えないので悩んでおります。

2018年
01月14日
23:24

素敵な少女ですね。
影のつけ方が自然で、ポーズも可愛いです。

前を表示

2番~21番を表示

ピックアップ!

ランダムイメージ!

こみゅにてぃ なう!

: